TOP Web相談 リフォーム事例紹介 リフォーム費用 会社案内 ★マンション内覧会同行


Lady's Eardrops 〜フクシア200品種が咲く庭をめざして〜


◆第29号 オープンガーデンの話題をご紹介

前号index次号


「須磨さんを囲んでガーデニング交流会」

10月16日、埼玉県深谷市。当ガーデンの管理人さんが参加してきました。
緑の芝生の上でガーデニング談義。深谷の庭主さん達のお話が聞けたのでした。

 「どうして、オープンガーデンをしようと思いましたか?」
NHK元アナウンサー須磨さんの質問に、
 「○○さんに薦められて」と答える方が多かったそうです。
 熱意あるひとりの方の努力が、深谷のオープンガーデンの輪として実ったのだと知りました。
須磨さん司会深谷の庭主さん


深谷市のオープンガーデン、とても素敵だったそうです。

ちなみにオープンガーデンとは、その名のとおり「庭の開放」。
イギリスでは、70年ほど前からおこなわれています。

個人の庭を一定期間、公開する活動で、ガーデン愛好家同士がネットワークをつくり、
それぞれの庭に招待しあうというのが一般的なスタイル。

さらにオープンガーデンには、
その展開によって、人と人のコミュニケーションの広がりを通して、
個人の庭の延長である街並みも美しくなっていけばいいなあ、という願いも込められています。

音のある庭 「音のある庭」では・・・
“花のイメージを音で表現された曲”が生演奏されていたそうです。音符や記号のオブジェもあって、音楽も庭も手づくり!素敵ですね。新しい庭づくりのイメージを勉強させてもらいました。



当フクシアガーデンも、フクシアが咲きそろった今年6月、じつはオープンガーデンの真似事をしました。ごく親しい友人知人を中心に50人ほど、喜んで見に来てくださった事を思い出します。

その時、須磨さんの「花が好きな人同士は、すぐにお友達になれるのよ」というコメント、あらためてその通りだなあと感じたのでした。オープンガーデンなどを通して色々な人に見てもらい楽しんでもらう、こういう体験が自分自身への励みになって、「ヨシ、来年もがんばるぞ!」と元気がわきあがってくるのも事実です。




10月の当ガーデン植物の様子

新色エンジェルスイヤリングオキザリス

今年の猛暑にも耐えた、サントリーのnew colorエンジェルス・イヤリング(左側の写真)は、元気ハツラツ〜!(ヨン様のような口調でどうぞ(^^♪) おそらく12月まで咲きつづけてくれることでしょう。
右側の写真は、オキザリス‘バリアピリスホワイト。植えっぱなしの球根が毎年秋になると、“もういいかい”と顔を出す優れものです。「今年も咲いてくれて、ありがとう!」 
感謝です。

そして、秋に咲く花2点。 桜小町 “BREDIA HIRSTA” (左側) ノボタン科。可愛いピンクの小花がたくさん咲き、沖縄や鹿児島に自生している亜低木。性質は強健、当地では屋外で越冬します。
ミヤギノハギ(右側) 秋の七草の一つで、夏から秋にかけて、赤紫のチョウの形の花をつけます。枝が長く垂れ下がり、高さは1〜2Mほど。



今月は以上です。 これから少しずつ寒くなります。 どうぞ健康にお気をつけ下さい。

前号index 次号

記載内容および写真の無断転載はお止め下さい。
Copyright(c) 2004
KZ Atelier Co., Ltd. All rights reserved.



個人情報保護方針リフォーム現場通信(2002.5月〜2003.5月)フクシアガーデン通信(2002.5月〜2005.1月)建築家のマンション内覧会同行

Copyright(c) 2002-2013 KZ Atelier Co., Ltd. All rights reserved. 株式会社 空間造景アトリエ
千葉県浦安市北栄1-12-22 双葉ビル401 TEL:047-382-4010 (AM9:00〜PM5:00 土日祝休み)