TOP Web相談 リフォーム事例紹介 リフォーム費用 会社案内 ★マンション内覧会同行


Lady's Eardrops 〜フクシア200品種が咲く庭をめざして〜


◆第3号 べラロゼラ(Bella Rosella)のご紹介 Part2
前号index次号

紫色系のベラロゼラが
徐々に花開いていきます。

淡いピンクの額は外向きにカールして
花びらが開く準備は整っています。

はじめは左側写真のように折りたたまれ、
時間がたつと右側のように開いてきます。

種は毎回できます。
でも、苗まで成長させることに
成功していません。この品種を、種から育てるのに成功する事が、プロジェクトの課題です。

夏は涼しいところへ引越し。
フクシアは高温多湿な日本の夏が苦手です。あっという間に右側写真の状態になります。そこで、梅雨明け前にいったん枝を切り取り、株に掛かる負担を軽くしてあげます。すると秋にまた大きくてきれいな花が咲きます。

ところで、なぜ高温多湿が苦手なのでしょうか。調べてみました。NHK趣味の園芸テキストによれば、フクシアは中南米原産、熱帯アメリカに多く産するようです。と聞けば高温気候が良いと思われる方も多いと思いますが、自生地はペルー・アンデス山岳地帯の高地。この辺りの緯度は熱帯に属しますが、高地は冷涼な環境です。だから高温多湿が苦手だったのです。

5月末、これから綺麗な花が見られるという時期に敢えてツボミを摘み、枝の先端をカット。(切り取った枝はさし芽をして復活!)そうすることで品種を維持することができます。9月になれば花が咲きはじめ、当地では12月頃まで楽しませてくれます。秋の花持ちはとても良く、安心して眺めていられます。

フクシアを育てるには「切る勇気」も必要です

前号index 次号

記載内容および写真の無断転載はお止め下さい。
Copyright(c) 2002-2003 KZ Atelier Co., Ltd. All rights reserved.



個人情報保護方針リフォーム現場通信(2002.5月〜2003.5月)フクシアガーデン通信(2002.5月〜2005.1月)建築家のマンション内覧会同行

Copyright(c) 2002-2013 KZ Atelier Co., Ltd. All rights reserved. 株式会社 空間造景アトリエ
千葉県浦安市北栄1-12-22 双葉ビル401 TEL:047-382-4010 (AM9:00〜PM5:00 土日祝休み)